言いたい放題はここだけde

アクセスカウンタ

zoom RSS 都市部の一票の格差が不公平だという意見はほとんど聞いたことがないと自民党議員が言うので反論する

<<   作成日時 : 2013/04/12 11:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

自民党衆議院の土屋正忠氏が、一票の格差について「司法は黙っていろ」「過去の選挙で東京と地方の一票の格差なんて聞いたことがない」と大胆な発言をしてたので、「聞いたことがないんじゃしょうがない。じゃぁ聞かせてやろう」と同氏のブログにトラックバックすることにした。

同氏の元記事はこちら。
http://blog.livedoor.jp/shugiin08846/archives/52023467.html


その証左に、私は38年で11回選挙に挑戦したが、今まで、鳥取県など人口の少ない地域と比較して、東京は不公平だという意見はほとんど聞いたことがない。


では意思表明します。
私は埼玉県川口市に住んでいます。人口58万人の街です。土屋議員の選挙区である東京18区よりも7万人多い人が住んでいる街です。私は都市と地方との一票の重みに格差があることに疑問を持ちます。
国会議員が国益(これも捕らえ方が人それぞれですか、業界や組織、選挙区を代表した権益や利益ではなく日本の最大公約数という意味)を考えて仕事をしていれば、どこの選挙区から選出されたとしてもこういう問題は出ないでしょう。
ただ現実は選挙区の代表として「俺が選挙区の利益を考えて」最大限の行動をしている議員が殆ど(100歩譲って多いように)とお見受けします。
ならば一票の格差は全選挙区で一定の割合(私的には国勢選挙ごとに変更するのが正しいと思っています)に揃えるのが当然という見解です。選挙区が毎回変わるかも知れないという政治家の都合は考えません。政治家は選挙民の公僕である前提です。政治家のために選挙があるのではありません。国民のために選挙は存在するのですから。


しかし国民感情のなかには、父祖の故郷、過疎地方から代表が選出されなくてもよいのかという素朴な疑問もあり、法の下の平等だけが選挙区の区割りの基準なのかという思いが強い。


それに選挙の制度が正しいか誤っているかを決めるのは当事者の集まりである国会の合議ではなくて司法の裁判所だよ。三権分立って言葉学校で習わなかった?
相次ぐ司法の判断はいままで自ら国民のために身を切る決断ができなかった国民の怒りだとなぜ考えられない?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン メガネ
都市部の一票の格差が不公平だという意見はほとんど聞いたことがないと自民党議員が言うので反論する 言いたい放題はここだけde/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン メガネ
2013/07/05 18:23
VISVIM 通販
都市部の一票の格差が不公平だという意見はほとんど聞いたことがないと自民党議員が言うので反論する 言いたい放題はここだけde/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/09 20:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都市部の一票の格差が不公平だという意見はほとんど聞いたことがないと自民党議員が言うので反論する 言いたい放題はここだけde/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる